0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|

2017-06-12 「私は『供給を受けずに無為に回り続けるだけの、頭の悪い"愛の永久機関"』か」 [長年日記]

先日、出張で研究所に立ち寄った、無礼な後輩から、

The other day, I was said from the rude junior fellow.

『江端さんは、多くの人から愛されていることが分からないのですか』

"Ebata-san, why you cannot understand how many people are loving you"

と、言われました ―― が、

However, I want to say distinctly

はっきり言って

―― 分からない

"I cannot understand"

-----

思い出すと、このセリフ、私の人生の中では結構な頻度で登場することに気がつきました。

As far back as my memory goes, the above phrase has appeared high-frequency in my life.

大学在学中のゼミ室、会社の飲み会、恩師の退官の謝恩会などです。

For example the scenes of the lab in my college, drinking party of my office, and thank-you party for the teachers who had retired from the Lab.

共通点は、このセリフの主体者が、全部「後輩」である、ということです。

The common point is that all subjects of this dialogue are "juniors".

-----

江端(E):「分からないよ。どこをどうしたら、『私は愛されている』というフレーズが登場するんだ?」

Ebata(E):"I don't understand what you say. How do you come to think the phrase "I am loved" ?

無礼な後輩(B):「私達は、全身全霊で『江端さんを愛している』ということを、体現しているじゃないですか。

Rude junior(B):"We are embodying "I love you, Ebata-san" at the bottom of our heart.

E:「私には、『江端さんをいじって遊んでいる』としか思えないんだが。たちの悪い『いじめ』だとすら思うぞ」

E:"For me, I can only imagine" I'm playing with Mr.Ebata ". I even think that they are bad "bullies"

B:「相変わらずの理系脳ですね。『言葉として現われないもの』を認識することができないのですか」

B: "As usual the science brain you have. Can not you recognize "things that do not appear as words?"

E:「そこそこ、認識はできていると思うぞ。場の空気を読んで、心にもない追従を抵抗なく言えるし、その場で、軽いギャグネタを発動することもできていると思う」

E: "Somewhere, I think I can do it. reading the air of the place, I can say mindless compliments, and I think that I have been able to activate a light gag on the spot. "

B:「とすれば、江端さんの『受容体』の方に問題がある、ということですね」

B: "If that's the case, there's a problem with Mr. Ebata's "receptor", isn't it?"

E:「はい?」

E: "What?"

B:「江端さんには、他人からの愛を感じる能力が、著しく欠損している、ということです。もしかしたら、生まれつき、その能力自体が存在していないんじゃ・・・」

B: "Ebata-san, you are missing the ability to feel love from others. Perhaps, by nature, that ability itself does not exist ... "

E:「もし、それが真実だったとしたら、私は、誰からの愛も感じられないまま、一生を終える、ということか」

E: "If it is true, I will end my life without feeling love from anyone"

B:「そうですね」

B: "That's right."

E:「理不尽じゃないか。私は、自分からはちゃんと『愛』を発動させて、人と対峙しているつもりなのに」

E: "It's unreasonable, I think that I activate "love" properly by myself and confront others."

B:「そうですね」

B: "That's right."

E: "I am "a perpetual love machine to just keep turning around without any energy ?"

B:「そうですね」

B: "That's right."

E:「いや、『そうですね』じゃなくてだなぁ・・・」

E: Try to make another phrase, instead of "That's right."

B:「『エネルギー無供給の愛の永久機関』こそ、江端さんが、愛され続ける理由なのでしょう」

B:"The perpetual love machine without energy" is the reason why Ebata-san keeps being loved"

E:「・・・うるさいよ」

E:"Shut up"